仮想通貨を スワップフリーでトレード

BTCUSD、ETHUSD、LTCUSDなどの人気仮想通貨をトレード、日を跨ぐ持越し手数料はゼロ

Exnessが仮想通貨トレードで選ばれる理由

ビットコインやからイーサリアム、ライトコインなどまで、米ドルに対する仮想通貨の値動きを市場より優れた条件でトレード 。

即時出金

ご自身の資金を柔軟に操作可能、出金をシンプルに。 お好みの決済手段で出金リクエスト可能、承認は即座に対応します。¹

スワップフリートレード

買売問わずあらゆる仮想通貨で、手数料ゼロで日を跨いだオンライントレードの継続を実現。

ストップアウト保護

独自の市場保護機能でポジションを強化、ストップアウトを遅延または回避、特にボラティリティの高まる期間に力を発揮。

仮想通貨のスプレッドとスワップ

成行約定

通貨記号

平均スプレッド

pips

手数料

ロット毎/片道

証拠金

ロングスワップ

pips

ショートスワップ

pips

ストップレベル*

pips

仮想通貨市場の取引条件

仮想通貨市場は、新たなコインを生み出しユーザーにセキュアな決済を提供するブロックチェーンテクノロジーを用いたデジタル通貨市場です。仮想通貨デリバティブをトレードすることで、オンラインポートフォリオを多様化することができ、上昇相場であれ下落相場であれ仮想通貨の値動きから収益を得ることができます。

取引時間

サーバーメンテナンス中を除き、仮想通貨を24時間年中無休で取引できます。メンテナンスを実施する際は、メールでお知らせします。

以下の仮想通貨ペアは、決済専用モードでしかご利用になれません。

  • BTCAUD、BTCJPY、BTCCNH、BTCTHB、BTCZAR:日曜日の21:35:00から22:05:00まで

  • BTCXAU、BTCXAG:日曜日の22:35:00から23:05:00まで

表示時間はすべてサーバー時間(GMT+0)となります。


スプレッド

スプレッドは常に変動しているため、上記の表のスプレッドは前日の平均値となります。リアルタイムのスプレッドは、取引プラットフォームでご確認ください。

市場の流動性が低下すると、スプレッドが拡大する可能性があることにご注意ください。これは、流動性レベルが回復するまで続く可能性があります。


スワップ

仮想通貨のポジションには、スワップは発生しません。


固定証拠金所要額

すべての仮想通貨ペアの証拠金所要額は、使用するレバレッジに関わらず固定となります。


ストップレベル

表中のストップレベルの値は変動する場合があり、特定の高頻度の取引戦略やエキスパートアドバイザーをご利用のトレーダーにはご利用いただけない場合があります。

口座を開設し、暗号資産トレードを始める

成長著しい暗号資産市場にアクセス

原資産を保有する必要のないデリバティブにより、暗号資産市場の値動きから収益を獲得。

提供している暗号資産銘柄すべてでのトレードが可能

スワップ完全無料、暗号資産トレードポジションを追加コストなしで保有可能。

弊社独自のトレード機能を活用

激動の市場でポジションと取引戦略に比類なき強みを。

よくあるご質問

指値注文レベルを設定する場合、以下のルールが適用されます:

  • 指値注文でのSLおよびTPは、その時点の市場価格から少なくともその時点のスプレッド以上離れた価格で設定しなければなりません。

  • 指値注文でのSLおよびTPは、注文価格から少なくともその時点のスプレッド以上分離れた価格に設定しなければなりません。

  • 保有中のポジションでは、SLおよびTPをその時点での市場価格からその時点でのスプレッド以上離れた価格に設定しなければなりません。

ブロックチェーンテクノロジーとは、安全な方法で決済が多数のパソコンで認証され、ハッキングや改ざんが不可能とされる分散型台帳システムを指します。 連結するブロックのチェーンから構成され、そのそれぞれにそれまでのトランザクションが記録されています。 ブロックチェーンは、ネットワークのノードがトランザクションの認証および新規ブロックの生成に対し報酬を得られることで動機付けされる「マイニング」と呼ばれるコンセンサスメカニズムで守られています。 これにより、ブロックチェーンに保管されているデータを操作したり、不正な変更は実質的にできないようになっています。 さらに、この分散型という性質により、単一障害点は存在しません。 つまり、あるノードが機能しなくなっても、別のノードが機能し続けることで、障害は発生しなくなります。

指値注文が価格ギャップに陥るのは一大事のため、Exnessでは金融商品の取引が開始されてから少なくとも3時間後に約定されたほぼすべての指値注文について、スリッページが無いことを保証しています。ただし、お客様の注文が以下の基準のいずれかを満たす場合、価格ギャップに続く最初の市場の建値で取引が約定されますのでご注意ください:

  • 流動性が低い、ボラティリティが高いなど、正常ではない 相場で指値注文の取引が行われた場合。

  • 指値注文が価格ギャップに陥るも、(価格ギャップに続く)最初の市場の建値と注文の指値のポイント差が金融商品の一定のポイント値(ギャップレベル値)と同等以上の場合。

特定の取引金融商品にギャップレベル規制が適用されます。

トレードする仮想通貨を見極める際、様々な要因の考慮が必要です。 これには、ボラティリティ、流動性、時価総額、技術面での特徴などがあります。

トレーダーは、コインやトークンの背後にいる開発チームについて研究し、他プロジェクトの過去の成功事例も検証すべきです。

仮想通貨のトレードチャンスを見極めるには、仮想通貨市場のニュースの最新情報を追い続けることも非常に大切です。 そして最後に、トレードでのエントリーまたはイグジットのタイミングを判断する前に、複数の時間軸に渡り仮想通貨価格のファンダメンタルおよびテクニカル分析を行うようにしてください。

ビットコインは、最も知名度が高く、最も普及した仮想通貨です。 その時価総額は、他のすべての仮想通貨の時価総額の合算を超える規模になっています。

流動性も最も高く、加えて堅固なインフラストラクチャを擁しています。 これにより、トレーダーと投資家の間で最も人気の高い仮想通貨となっています。

ビットコインには確かに価格のボラティリティがあるものの、他のボラティリティがより大きいデジタル通貨の銘柄より安定しているとされます。

何より、ビットコインをトレードのポートフォリオに組み込むべきかどうかは、トレーダー自身の判断にゆだねられます。 自身の個人的なビットコイン取引戦略とリスク嗜好に完全に拠ることになります。

いつも通り、自ら研究し、最新の仮想通貨ニュースを追い続けながら、仮想通貨市場のトレードに参入すべきといえるでしょう。

一部の仮想通貨ペア(上記参照)を除き、24時間年中無休ですべての仮想通貨のトレードが行えます。サーバーメンテナンスの場合はお知らせいたします。

ヘッジマージン0%で仮想通貨のポジションをヘッジすることができます。ETHUSD、LTCUSDについては、0.1ロット未満の取引量の注文をヘッジ/部分決済することはできません。

仮想通貨を24時間年中無休で取引

世界のトップ仮想通貨ペアに投資