確信をもってコモディティをトレード

グローバルコモディティ市場にアクセス-ゴールドや原油をトレードし、先進的な市場保護機能を活用しながらポートフォリオを多様化。

口座を開設し、コモディティトレードを始める

ポートフォリオを拡大

コモディティトレードで無限のチャンスを収益化。

オンラインで人気最高クラスのコモディティをトレード

ゴールド、原油などを低く安定したスプレッドで提供。

特徴あふれる取引条件を活用

激動の市場でポジションと取引戦略に比類なき強みを。

コモディティ市場のスプレッドとスワップ

成行約定

通貨記号

平均スプレッド

pips

手数料

ロット毎/片道

証拠金

1:2000

ロングスワップ

pips

ショートスワップ

pips

ストップレベル*

pips

コモディティ市場の取引条件

コモディティ市場とは、貴金属やエネルギーなど、様々な種類のコモディティが取引されるグローバルマーケットプレイスです。 これらのトレードでは、ゴールドや原油などボラティリティの高いを原資産を購入することなく、コモディティ価格が上下のいずれに触れる場合でもその価格を予想して収益を狙えます。

スプレッド

スプレッドは常に変動しているため、上記の表のスプレッドは前日の平均値となります。リアルタイムのスプレッドは、取引プラットフォームでご確認ください。

市場の流動性が低下すると、スプレッドが拡大する可能性があることにご注意ください。これは、流動性レベルが回復するまで続く可能性があります。


スワップ

スワップとは、日をまたいで保有される取引ポジションに適用される手数料の一種です。 スワップは、金融商品とポジション(買いまたは売り)に基づいてプラスになることも、マイナスになることもあります。 ポジションが決済されるまで、週末を除く毎日21:00(GMT+0)に取引口座に支払われるか、課されます。スワップ費用の算出には、便利なExnessの計算ツールをご利用ください。

水曜日には、スワップが課されない週末の市場時間外を考慮して、金、銀、プラチナ、その他の貴金属ペアのポジションにトリプルスワットレートが適用されます。

優待スワップフリーステータスの場合、上記の表で印が付いている金融商品にスワップは課されません。 スワップステータスを確認するには、パーソナルエリアにログインし、設定、取引条件タブの順に移動します。

イスラム諸国の居住者の口座は自動的にスワップフリーとなります。


変動証拠金所要額

証拠金所要額は、使用するレバレッジ比率に関連しています。 レバレッジを変更すると、XAU(金)とXAG(銀)のペアの証拠金所要額が変動します。状況に応じてスプレッドが変動するのと同様に、ご利用いただけるレバレッジも異なります。証拠金所要額の変更についての詳細は、以下の「よくあるご質問」をお読みください。


固定証拠金所要額

以下のコモディティの必要証拠金額は、口座に設定された最大レバレッジにかかわらず、常に固定されたままになります。

  • XAL(アルミニウム)、XCU(銅)、XNI(ニッケル)、XPB(鉛)、XPT(プラチナ)、XPD(パラジウム)およびXZN(亜鉛)の場合、レバレッジは1:100も設定されます。

  • XNGUSD(天然ガス)の場合、レバレッジは1:20に設定されます。

USOILおよびUKOILの必要証拠金額のレバレッジは、必要証拠金額が引き上げられる特定期間を除き、常に1:200に固定されたままになります。以下の必要証拠金額が引き上げられる期間中、USOILとUKOILの両方の必要証拠金額は5%(レバレッジは1:20)に設定されます。

  • USOIL:金曜日の15:45(GMT+0)から日曜日の21:59(GMT+0)まで

  • UKOIL:金曜日の7:00(GMT+0)から日曜日のの23:30(GMT+0)まで


ストップレベル

表中のストップレベルの値は変動する場合があり、特定の取引戦略やエキスパートアドバイザーをご利用のトレーダーにはご利用いただけない場合があります。


取引時間
  • XAU、XAG: 日曜日 22:05 – 金曜日 20:58 (取引中止時間 20:58-22:01)

  • XPDUSD、XPTUSD: 日曜日 22:10 – 金曜日 20:58 (取引中止時間 20:58-22:05)

  • XALUSD、XCUUSD、XPBUSD、XZNUSD: 毎日 01:00 – 18:55 (取引中止時間 18:55-01:00)

  • XNIUSD: 毎日 08:00 – 18:55 (取引中止時間 18:55-08:00)

  • USOIL、XNGUSD: 日曜日 22:10 – 金曜日 20:45 (取引中止時間 20:45-22:10)

  • UKOIL: 月曜日 00:10 – 金曜日 20:55 (取引中止時間 20:55-00:10)

表示時間はすべてサーバー時間(GMT+0)となります。

Exnessがオンラインでのコモディティトレードに最適な理由

トレード戦略を限りなく有利にする取引条件で、貴金属やエネルギーをトレード。

狭く安定したスプレッド

価格が激しく変動する局面でも、トレードコストを低く抑えることが可能に。 インパクトの大きい市場ニュースと経済イベントの最中ですら、狭く安定したスプレッドを最大限活用可能に。

スピーディな約定

わずかなピップもとらえる、MetaTraderプラットフォームと独自開発のExnessターミナルの両方で実現するミリ秒単位での注文約定。

資金の安全性

マイナス残高保護を利用してコモディティ市場でトレード。財務データを保護するPCI DSSとTIER1銀行の分別管理されたお客様口座のメリットを享受できます。

プロらしくコモディティトレーディングをナビゲート

コモディティマーケットで成果を出すための詳細トレーディングガイドをまとめました。あらゆるタイプのトレーダーのために、仔細に渡る解説、洞察にあふれる戦略満載でお届けします。

よくあるご質問

コモディティとは、大量に生産される原材料のことで、国際市場で取引されています。

コモディティの例として、原油や天然ガス、またゴールド、シルバー、プラチナなどの貴金属が挙げられます。

コモディティ価格は、典型的には需給、政治的安定性、通貨の価値、経済のパフォーマンスなどの要因によって決まります。

コモディティ市場では多彩な金融商品がトレードされており、その顕著なものとして貴金属とエネルギーがあります。

多くのトレーダーがエネルギーにおける頻繁な価格の変動に見られるボラティリティから収益を上げており、一方では安全資産としてポートフォリオのヘッジのためにゴールドをトレードする場合もあります。

Exnessでは、USOIL、XNGUSD、UKOIL、XAUUSD、XAGUSD、XPTUSDなど、世界でも最高水準の取引量を誇るコモディティをコモディティデリバティブとしてトレードできます。

トレードにおける最も人気の高いコモディティは、ゴールド、シルバー、プラチナなどの貴金属であり、同じく原油、イギリス原油、天然ガスなどのエネルギー製品もこれに加わります。供給量に限界があり、かつ常に需要が絶えない貴金属は特に人気となります。一方、エネルギーコモディティは、グローバルにおける出来事に敏感であるため、魅力が高いものとなります。

コモディティのトレード、またはコモディティへの投資の際、市場のボラティリティ、レバレッジ、為替レートのリスクが主に着眼すべきリスク要因となります。

市場ボラティリティは基本的に、一定時間の間における急速な価格の変動であり、これがコモディティトレードにおいて重要度の高い要因となります。

世界コモディティ市場をトレードする際、政治的安定性、需要と供給、経済指標が示すパフォーマンスなどのファンダメンタルの側面を考慮することが必要になります。

ご自身のパフォーマンスを最大化するには、堅固で高度なコモディティ取引戦略を構築すために、最新の市場ニュースに気を配り続けることが必要なります。

レバレッジコモディティトレードでは、適切なリスクマネジメント戦略と組み合わせていない場合、潜在的に失われる額も大きくなることに注意が必要です。

重要なニュースが発表されると、大幅なボラティリティや価格ギャップが生じる可能性があります。 急激な変動により損失が大きくなる可能性があるため、変動の激しい市場で高レバレッジを効かせるのは危険です。 そのため、弊社ではニュースの発表時に、ゴールドとシルバーのペアのすべての新規ポジションは、レバレッジを1:200に制限しています。

指値注文が価格ギャップに陥るのは一大事のため、Exnessでは金融商品の取引が開始されてから少なくとも3時間後に約定されたほぼすべての指値注文について、スリッページが無いことを保証しています。ただし、お客様の注文が以下の基準のいずれかを満たす場合、価格ギャップに続く最初の市場の建値で取引が約定されますのでご注意ください:

  • 流動性が低い、ボラティリティが高いなど、正常ではない 相場で指値注文の取引が行われた場合。

  • 指値注文が価格ギャップに陥るも、(価格ギャップに続く)最初の市場の建値と注文の指値のポイント差が金融商品の一定のポイント値(ギャップレベル値)と同等以上の場合。

特定の取引金融商品にギャップレベル規制が適用されます。

コモディティトレードを始める

口座開設から取引開始までわずか3分で完了します。