2021年12月9日

市場ニュース

企業内部関係者とCEOの株式売却:知っておくべきこと

大企業のCEOと内部関係者は、2021年度はこれまでに690億ドル以上のハイテク株を投げ売りしました。CNBCによると、CEO、起業家、経営幹部による自社株売却は記録的ペースで行われており、2020年から30%増加しました。 アナリストによると、売却額は12月末までにさらに増加する見込みです。12月は税金対策の目的で株式売却が最も活発になる月の1つです。 ワシントン州が年間25万ドルを超える長期キャピタルゲインに7%の税金を課しているため、大企業が利益を上げていることは驚くべきことではありません。特に、米連邦準備制度によるテーパリング(量的緩和の縮小)開始が現実味を帯び、オミクロン株が不確実性を生み出すため、投げ売りはウォール街に何の恩恵ももたらしていません。ただし、これは売りのシグナルではないかもしれませんが、2022年の株式市場が強気に傾くことは不幸中の幸いです。

大量売却の主導者

Elon MuskとJeff Bezosは、今年これまでにそれぞれ約100億ドル相当の株式を売却したため、投げ売りを主導しています。Elon Muskは11月末にかけ、表向きは税率引き上げに対する懸念への対応という理由でテスラ株をさらに10億ドル売却しました。 AmazonのJeff Bezosは、99.7億ドル相当の株式を売却しました。これは基本的に昨年策定した戦略に沿ったものですが、2019年の売上高を少なくとも4倍上回っています。 一方、ウォルトン家は61.8億ドル相当のWalmart株を売却しました。一族には持ち株比率を安定させ、人道支援を行うために定期的に株式を売却するという伝統があります。 Mark Zuckerbergもまた、44.7億ドル相当のMeta社の株式を売却することで大量売却の主導者の1人となりました。この売却は、SECのインサイダー取引規制の規則10b5-1に基づいたものであり、社名をFacebookからMetaに変更後の最初の投げ売りです。 Googleの創設者であるLarry PageとSergey Brinも、取引計画の一環として規則10b5-1に基づき15億ドル相当のAlphabet株を売却しました。

今後のチャンス

最近の株式市場のパフォーマンスを見ると、株価を圧迫する形になっていることが分かります。CNBCが発表した最新のデータによると、すべての大手テクノロジー企業の株価が下落しました。Tesla、Meta、およびAdobeの週次の値下がり率は最大6%に達しました。好調を維持したハイテク企業はAppleのみとなりました。 しかし、投げ売り後も引き続き打撃を受けているにもかかわらず、2022年にはインベスターが押し目買いと調整するポテンシャルを利用できる機会があるかもしれません。 ハイテク株はパンデミックの影響に対して回復力があることが実証され、利益確定による一時的な損失を被ったとしても市場は回復する可能性が高いです。実際、この2年間で大手テクノロジー企業の大半が繁栄を続けており、TeslaとAppleの株価は150%以上も上昇しました。 収益も順調に伸びています。Appleの第4四半期の収益は、前年比29%増の830億ドルを記録しました。Alphabetもまた、S&P 500を利益率で上回り、第4四半期の収益は75%以上増収の650億ドルに達しました。

今は市場参入に適した時期なのか

金融市場は本質的に予測不能であり、大半の場合、トレンドは短命になる可能性があることを考慮することが常に重要です。 幸いなことに、投資を希望する企業が発表する四半期決算報告や、チャート上の経済見通しと価格パフォーマンスなど、情報に基づき判断する際に役立つ金融データをご利用いただけます。 不確実性の中で一部のセクターは他のセクターよりもパフォーマンスが優れていますが、結局のところ、市場参入のタイミングはリスク許容度と選択した資産に大きく依存します。

関連記事